条件設定

条件設定

20120403fig8.png

M.trading システム(Excel)を開くと、テクニカルを算出するワークシート名が、表示されます。
ワークシート名を選択すると、そのワークシート内のテクニカルを利用したサインが、サイン置き場に表示されます。

設定ファイル(DefaultData.xmlSetting.xmlなど)を、ドラッグ&ドロップで読み込むことが出来ます。

サイン置き場

サイン置き場にあるサインから、シグナル欄にドラッグ&ドロップしてコピーします。

新しいサイン

サイン置き場かシグナル欄で、コンテキストメニュー(右クリック)から新しいサインを作成できます。

買い・売り・買い返済・売り返済

それぞれ、別々のシグナルを設定できます。

  • 買いは、1
  • 売りは、-1
  • 買い返済は、-1
  • 売り返済は、1

となった時に、シグナル成立となります。
ワークシート[A]の、AA列~AD列が対応しています。

パラメータ設定

20120403fig6.png

どてん買い・売り

名前 説明
どてん買 False 買いEntryを売りExitにします。
どてん売 False 売りEntryを買いExitにします。

[全体のパラメータ設定]に、どてん買い・売りのパラメータがあります。
どてん買 をTrueにすると、売り返済のシグナルの他に、買いが1になった時は売り返済が1になります。
どてん売 をTrueにすると、買い返済のシグナルの他に、売りが1になった時は買い返済が-1になります。

分足数

[全体のパラメータ設定]に、分足数を設定するパラメータがあります。
日足なら、1です。
1日分の行数が20なら、20にします。