資金管理

1銘柄に対する投資金額と、[詳細分析]で設定する[最大投資金額]との2つによって、資金管理を行った場合のバックテストを算出できます。

1銘柄に対する投資金額

[全体のパラメータ設定]で設定します。
B1銘柄に対して、200万円まで投資するなら、次のように設定します。

ワークシート[B1]のQ列[売買株数] [B1 Code]から株の[B1 単元数]が設定され、[B1 単元数][投資金額1]とから、[売買株数]が算出されます。