FAQ 自動売買

任意の証券会社のFXで自動売買が出来ますか?

2つのポイントをクリアする必要があります。

ブラウザかWindowを操作

対象の証券会社の取引ツールを操作する自動売買用スクリプトを作成する必要があります。

証券会社のモバイルページがあると、自動売買用スクリプトを作成しやすいです。モバイルページは簡素な作りで読込みが速いため、自動売買に適しています。多くの証券会社では、PCからモバイル用のウェッブページを表示できますが、中には携帯電話のみでしか表示できないところもありますので、前もって確認しておく必要があります。モバイルページが利用できない場合、通常のウェッブページでも自動売買は可能です。

Windowを操作する自動売買用スクリプトを作成することも出来ます。この場合、多くの取引ツールを操作できます。

レートを収集

20120612fig6.png
Excelにレートを表示している例

FXの場合、リアルタイムのレートをExcel上に表示できるなら、レートを収集することが可能です。証券会社の取引ツールにおいて、レートをDDEを使ってExcelで表示できるオプションがあるなら、それが可能になります。

Excel上にレートを表示できるなら、CSVに保存でき、そのCSVから任意の四本値を生成することが出来ます。その四本値を利用してオリジナルのシステムでシグナルを算出します。

対象の証券会社の取引ツールからレートを収集出来ない場合は、レートは別の取引ツールを利用する方法も考えられます。この場合、実際のレートとシステムがシグナル算出に利用するレートとは異なることになります。

商品先物で自動売買は出来ますか?

商品先物で自動売買を行うための方法を解説します。
動作確認はしてはいませんし動作の保証も出来ませんが、原理的に可能のはずです。

価格データを収集

まず、価格データをExcelで表示し、データを収集する必要があります。
レート収集ユーティリティ(FX・インヴァスト)
を改造し、DDE機能を利用して価格データをExcelワークシートに表示し、それをCSVとして保存します。
数式2(現在値) のRSSの数式を変更することで対応できるでしょう。

DDE機能のあるトレードツール

ブラウザかWindowを操作

対象の証券会社の取引ツールを操作する自動売買用スクリプトを作成する必要があります。

証券会社のモバイルページがあると、自動売買用スクリプトを作成しやすいです。モバイルページは簡素な作りで読込みが速いため、自動売買に適しています。多くの証券会社では、PCからモバイル用のウェッブページを表示できますが、中には携帯電話のみでしか表示できないところもありますので、前もって確認しておく必要があります。モバイルページが利用できない場合、通常のウェッブページでも自動売買は可能です。

Windowを操作する自動売買用スクリプトを作成することも出来ます。この場合、多くの取引ツールを操作できます。

恐縮ですが、弊社では商品先物用の自動売買用スクリプトを作成する予定はありません。

自動売買用スクリプト(CSV)の作成の方法は?

Internet Explorerで表示したウェッブページを操作する自動売買用スクリプト(CSV)を作成するための技術情報です。

自動売買用のスクリプトは、
スクリプト命令
をご覧下さい。

操作できるHTMLは、
開発用フォームテスト
のページのソースをご確認下さい。

スクリプト作成支援のソフトとして、
HTML解析ソフト
をご利用下さい。

クリック、ラジオボタン・チェックボックスの選択、フォーム入力、表示されている文字の読み込み、などを行います。これらを組み合わせて、人間が手動で発注する操作を、PCに行わせます。
IEの操作に特化しているため、通常のプログラム言語よりは簡単ですが、HTMLをある程度理解しておく必要があります。

自動売買の速度はどのくらいですか?

ブラウザを操作する場合、ブラウザを操作する時間がかかります。
手動でブラウザを操作するよりは速く、ブラウザ操作開始後はおおむね数秒以内です(遷移する画面数やPCの処理能力にもよります)。

Windowを操作する場合、Windowを操作する時間がかかります。
たいていの場合、手動で操作するよりは速く処理を行うことが出来ます。

また、シグナル算出にかかる時間は、Excelの処理能力によります。

サポートはどうなっていますか?

メール・フォーラムをご利用いただけます。
詳しくは、サポートをご覧下さい。また、インシデント制です。

履歴

2012-06-12
追記
2010-11-16
掲載